【2021年 無料あり】プロ野球をネットで視聴できるサービスまとめ

how-to-watch-npb 野球アイテム

今回はプロ野球(NPB)ネットで視聴できるサービスをまとめてご紹介します。

この記事はこんな方におすすめです
  • プロ野球(NPB)の中継がみたいけど、方法が分からない
  • たくさんサービスがあるけど、どれを選べば良いのか分からない
  • プロ野球(NPB)の中継を無料でみたい

この記事を公開してからサービス内容が変更されている場合があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

【一覧図で比較する】プロ野球をネットで視聴できるサービス

はじめに、プロ野球(NPB)ネットで視聴できるサービスを一覧でみていきましょう。

月額料金(税込)対応球団デバイス無料視聴
DAZN1,925円11球団(広島以外)テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機あり
スカパー!
プロ野球セット
4,483円12球団テレビ、スマホ、タブレット、パソコンあり
パ・リーグ Special
(楽天TV)
702円パ・リーグ全球団主催試合テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機なし
ベースボール
LIVE
508円パ・リーグ全球団主催試合スマホ、タブレット、パソコンあり
パ・リーグTV1,595円パ・リーグ全球団主催試合テレビ、スマホ、タブレット、パソコンなし
J SPORTS
オンデマンド
1,980円広島、中日、横浜主催試合テレビ、スマホ、タブレット、パソコンなし
Hulu1,026円巨人主催試合テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機あり
ニコニコプロ野球
チャンネル
0円横浜主催試合スマホ、パソコン

この記事では全部で8つ紹介しています。とても種類が多いですね。

次はサービスごとに詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

DAZN【コスパ◎ 1ヶ月無料お試し】

dazn
https://www.dazn.com/ja-JP/sport/Sport:e2n4bo41sw91dx98if05lse25

DAZNはスポーツに特化したネット中継サービスです。野球以外にもサッカーやゴルフ、テニスなど多くのスポーツが配信されています。

広島東洋カープの主催試合以外の11球団の主催試合が全てライブ配信されます。広島東洋カープがビジターの試合は視聴できます。

料金は月額1,925円(税込)となっており比較的リーズナブルです。さらに契約を一時的に最長4ヶ月まで休止できるため、オフシーズンの間は休止しておくと年間での費用がもっと抑えられます。

また、無料お試し期間も1ヶ月あるため、まずは一度試してみるのが良いでしょう。

「料金を抑えつつ、複数の球団の試合を観戦したい」という方におすすめです。

公式ページはこちら

スポンサーリンク

スカパー!プロ野球セット【全試合みるならコレ】

スカパー
https://baseball.skyperfectv.co.jp/watch/

スカパー!プロ野球セットはスカパー!の中にある、プロ野球中継を行なっている複数のチャンネルをパックで契約できるサービスです。CS放送なのでテレビでの視聴がメインとなります。

料金は月額4,054円(税込)となっており、今回ご紹介しているサービスの中では最も高額です。しかしプロ野球全12球団の試合を観ることができるのもこのスカパー!プロ野球セットとなっています。

加入月は無料です。

「12球団全ての試合がみたい」という方におすすめです。

公式ページはこちら

ベースボールLIVE【Yahoo!プレミアム会員の方はこちら】

ベースボールLIVE
https://premium.yahoo.co.jp/service/pacificleague/

ベースボールLIVEはYahoo!プレミアム会員向けのサービスです。

パ・リーグ6球団の主催試合を全てみることができます。

料金は月額508円(税込)とかなり低価格。すでにYahoo!プレミアム会員になっている方は追加料金なしで利用できます。ソフトバンクとワイモバイルのスマートフォンを使用している方は、無料でYahoo!プレミアム会員になれる特典もありますのでチェックしてみてください。

すでにYahoo!プレミアム会員の方や「パ・リーグの試合がみたい」という方におすすめです。

公式ページはこちら

パ・リーグSpecial(楽天TV)【楽天ポイント活用者向け】

楽天tv
https://tv.rakuten.co.jp/pacificleague/

楽天が提供するサービスです。パ・リーグの主催試合が全てみられます。

料金は月額702円(税込)となっています。楽天ポイントが貯まりますし、支払いに楽天ポイントを使うこともできます。

「パ・リーグの試合がみたい」「楽天ポイントを使っている」という方におすすめです。

公式ページはこちら

パ・リーグTV

パ・リーグtv
https://tv.pacificleague.jp/ptv/pc/

パ・リーグの各球団が出資するパシフィックリーグマーケティングによって運営されているサービスです。

パ・リーグ主催の試合が視聴できます。

料金は月額1,595円(税込)で、パ・リーグのファンクラブに加入している方は月額1,045円(税込)になります。

公式ページはこちら

Hulu【野球以外も楽しみたい人はこちら】

hulu
https://www.hulu.jp/static/giants/

Huluでは読売ジャイアンツの主催試合をみることができます。映画やドラマ、アニメの配信が中心のサービスなので、プロ野球中継以外にも色々みたい方におすすめです。

料金も月額1,026円とお手軽です。

2週間の無料お試し期間がありますので、まずは試してみるのもよいでしょう。

「野球以外(映画やドラマ、アニメ等)も楽しみたい」という方におすすめです。

公式ページはこちら

J SPORTSオンデマンド【25歳以下の方向け】

J SPORTSオンデマンド
https://jod.jsports.co.jp/baseball

J SPORTSのネット配信サービスであるJ SPORTSオンデマンド。

横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、広島東洋カープの3球団の主催試合をみることができます。

料金ですが、野球だけであれば月額1,980円(税込)、その他の番組も全てみるのであれば月額2,640円(税込)です。また25歳以下の方であれば料金が半額になり、野球パックが月額990円(税込)、総合パックが月額1,320円(税込)になります。

25歳以下の方におすすめです。

公式ページはこちら

ニコニコ生放送

ニコニコ
https://site.nicovideo.jp/npb/

ニコニコ生放送では横浜DeNAベイスターズの主催試合を無料でみられます。

有料会員が優先で視聴できるようになっているため、視聴者数が増えると無料ではみられなくなります。

「横浜DeNAベイスターズの試合だけでよい」という方におすすめです。

公式ページはこちら

まとめ【迷ったら無料体験ができるこの4つから選ぼう】

今回はプロ野球(NPB)の試合をネットでみる方法をまとめてご紹介しました。

あなたの視聴スタイルや他サービスの利用状況などによって、最適な方法は変わってきます。

ただ、無料のお試し期間が用意されているサービスも多いので、迷ったらまずは無料体験ができる以下の4つから選ぶのがおすすめです。

また新たな情報が入ってきたらこの記事も更新していきますので、チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました