3分でわかるベリンジャー【グローブ&成績&プレースタイル】

bellinger ロサンゼルス・ドジャース

今回は2019年シーズン、ナショナルリーグMVPを獲得したベリンジャーについてご紹介します。

ベリンジャーを3行でまとめると
  • MLBのロサンゼルス・ドジャースに所属する左投左打の内野手&外野手
  • 棒立ちのような構えからの強烈なスイングで打球を飛ばすパワーヒッター
  • 一塁手としても外野手としてもMLBトップクラスの守備力
スポンサーリンク

ベリンジャーのプロフィール

コディ・ジェームズ・ベリンジャー(Cody James Bellinger)。1995年7月13日生まれのアメリカ・アリゾナ州出身。2021年現在、MLBのロサンゼルス・ドジャースに所属している左投左打の一塁手&外野手です。背番号は35。

父親のクレイ・ベリンジャーは元メジャーリーガー、弟のコール・ベリンジャーもマイナーリーガーと野球一家の出身です。

スポンサーリンク

ベリンジャーのプレースタイル【5ツールプレーヤーと呼ばれることも】

メジャー屈指のスイングスピードを誇り、パワーとミートを高いレベルで両立しています。

守備では一塁と外野をこなします。グラブ捌きも素晴らしいですが、161キロの送球を記録した強肩も魅力です。

もともと三振が多いバッターでしたが2019年シーズンには改善され、穴がない選手になってきています。

スポンサーリンク

ベリンジャーの成績【リーグMVPを獲得】

Cody Bellinger | 2019 MVP Highlights ᴴᴰ

2013年のMLBドラフト4巡目(全体124位)でロサンゼルス・ドジャースから指名を受けプロ入りしました。

デビューした2017年シーズンから39本塁打、OPS.993と素晴らしい成績を残していましたが、一方で三振数が146と荒さが目立っていました。

2019年シーズンには打率.305、47本塁打、115打点、OPS1.035という圧倒的な成績を残した上で、三振も108と大幅に改善されました。この年リーグMVP、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞を獲得しMLBを代表する選手になりました。

2020年は新型コロナウィルスによる影響で短縮シーズンとなりました。守備面では安定した成績を残しながらも、打撃成績を大きく落としてしまい、56試合に出場し打率.239、12本塁打、30打点、6盗塁、OPS.789という結果に終わりました。

ベリンジャーの契約、年俸について

2021年は1610万ドル(約17億5000万円)で契約しています。

ベリンジャーの棒立ちバッティングフォーム

「ベリンジャー」と検索すると検索候補に「ベリンジャー 棒立ち」と出てきます。これはベリンジャーの少し変わったバッティングフォームのことを指しています。

以下の動画をみていただけると分かりますが、スイングに入る直前まで棒立ちのような構えをしています。かなりユニークなフォームですね。

ベリンジャーのグローブ

ベリンジャーはローリングスのグローブを使っています。

今回は日本で購入できるグローブの中でデザインの近いグローブを紹介します。

ベリンジャーのバット

ベリンジャーはLouisville Sluggerのバットを使用しています。

ベリンジャーのユニフォーム

ベリンジャーのバッティング手袋

ベリンジャーはナイキのバッティング手袋を使用しています。

ベリンジャーのスパイク

ベリンジャーはナイキのスパイクを使用しています。

タイトルとURLをコピーしました