3分でわかるアンドレルトン・シモンズ【グローブ&成績&守備】

アンドレルトン・シモンズ ミネソタ・ツインズ

今回はMLBのミネソタ・ツインズに所属するアンドレルトン・シモンズについてご紹介します。

シモンズを3行でまとめると
  • MLBのミネソタ・ツインズに所属する右投右打の内野手(ショート)
  • ゴールドグラブ賞4回を誇り、守備ではMLBトップクラス
  • WBCに2回オランダ代表のショートとして出場
スポンサーリンク

シモンズのプロフィール

アンドレルトン・A・シモンズ(Andrelton A. Simmons)は1989年9月4日生まれのオランダ領アンティルのキュラソー島出身です。2021年現在、MLBのミネソタ・ツインズに所属している右投右打の内野手(主にショート)です。背番号は9。

キュラソー島といえば現在NPBの福岡ソフトバンクホークスに所属しているウラディミール・バレンティン選手や、元東北楽天ゴールデンイーグルスにも所属したメジャー通算1933安打、434本塁打、ゴールデングラブ賞10回を記録しているアンドリュー・ジョーンズ選手の出身地として知られています。

シモンズ自身もアンドリュー・ジョーンズ選手に憧れて育ったと語っています。

ファンからは愛称で「シンバ」と呼ばれています。

スポンサーリンク

シモンズのプレースタイル

常軌を逸した凄まじい球界最高の遊撃手アンドレルトン・シモンズという男 MLB / Andrelton Simmons / Los Angeles Angels

広い守備範囲と、学生時代に投手で157キロを計測した強肩で、メジャーリーグでもトップクラスの守備を誇るショートです。

バットに当てる技術は高く打率も残せますが、全体的に荒めな印象です。

スポンサーリンク

シモンズの成績

2010年、当時大学生だったシモンズはMLBドラフト2巡目(全体70位)でアトランタ・ブレーブスに指名されてプロ入りしました。

2012年にメジャーデビューし、ケガでの離脱がありながらも、6月のルーキー・オブ・ザ・マンスに選ばれるなど活躍しました。最終的に49試合に出場し打率.289、3本塁打、OPS.751という成績でした。

2013年シーズン前に開催された第3回WBCのオランダ代表に選出されました。シーズンでは157試合に出場し打率.248、17本塁打、OPS.692でした。また守備防御点(DRS)で史上最高値の+41を記録しゴールドグラブ賞、プラチナ・ゴールド・グラブ、フィールディング・バイブル・アワードを受賞しました。

2015年シーズン終了後にトレードでロサンゼルス・エンゼルスに移籍しました。

2017年はシーズン前に開催された第4回WBCのオランダ代表に選出されました。シーズンでは158試合に出場し打率.278、14本塁打、OPS.752でした。守備では3度目のゴールドグラブ賞を受賞し、両リーグでのゴールドグラブ賞獲得となりました。

2020年シーズン後にFAとなり、2021年にミネソタ・ツインズと契約を結んでいます。

シモンズの契約、年俸

2021年にミネソタ・ツインズと単年1050万ドル(約12億円)で契約しています。

シモンズのグローブ

シモンズはミズノのグローブを使用しています。

シモンズのバット

シモンズはオールドヒッコリーのバットを使用しています。

シモンズのユニフォーム

シモンズのスパイク

シモンズはアディダスのスパイクを使用しています。

シモンズのバッティング手袋

シモンズはアディダスのバッティング手袋を使用しています。

タイトルとURLをコピーしました