3分でわかるカルロス・コレア【グローブ&成績&プレースタイル】

カルロス・コレア ヒューストン・アストロズ

今回はMLBのヒューストン・アストロズに所属するカルロス・コレアについてご紹介します。

カルロス・コレアを3行でまとめると
  • MLBのヒューストン・アストロズに所属する右投右打の内野手
  • 毎年安定して打率.280、20本塁打を記録するMLBトップクラスのショート
  • メディアやSNS上での発言が積極的で、批判を浴びることも多い
スポンサーリンク

カルロス・コレアのプロフィール

カルロス・ハビアー・コレア・オッペンハイマー(Carlos Javier Correa Oppenheimer)は1994年9月22日生まれのプエルトリコ出身です。2021年現在、MLBのヒューストン・アストロズに所属しています。背番号は1。

2017年のワールドシリーズ優勝時には、当時の恋人に「僕を世界一幸せな男にしてくれないか。結婚してくれ。」とプロポーズし結婚するというロマンチストな一面を持っています。

メディアやSNS上での発言が積極的で、大谷翔平選手について称賛していたり、ニューヨーク・ヤンキースの英雄であるデレク・ジーターの守備ははゴールドグラブ賞に値しないと発言しています。

こういった過激な発言とキャラクターが原因で、2019年に発覚したヒューストン・アストロズのサイン盗み事件の際には選手の中でも特にコレアが批判を浴びることが多かったです。

スポンサーリンク

カルロス・コレアのプレースタイル

Carlos Correa | 2021 Highlights

毎年安定して打率.280、20本塁打を記録するMLBトップクラスのショートです。

強肩を生かした守備も魅力で、三遊間の深い打球をアウトにするプレーが多いです。

ポストシーズンにめっぽう強く、すでにメジャー史上6位の打点を記録しています。

スポンサーリンク

カルロス・コレアの成績

2012年のMLBドラフト全体1位でヒューストン・アストロズから指名を受けプロ入りしました。

2015年にメジャーデビューし、そのままショートのレギュラーに定着しました。この年99試合に出場し、打率.279、22本塁打、68打点、OPS.857、14盗塁と好成績を残しア・リーグの新人王に選ばれました。

2016年は153試合に出場し、打率.274、20本塁打、96打点、OPS.811、13盗塁という成績でした。

2017年、シーズン前に行われた第4回WBCにプエルトリコ代表として参戦し大会最優秀三塁手に選ばれています。シーズンでは109試合に出場し、打率.315、24本塁打、84打点、OPS.941と好成績を残しました。この年初めてオールスターゲームに選出されています。

2021年は148試合に出場し、打率.279、26本塁打、92打点、OPS.850という成績でした。この年ゴールドグラブ賞受賞、オールスターゲーム出場を果たしています。シーズン終了後にFAとなりました。

カルロス・コレアの契約、年俸

2021年は1170万ドル(約13億円)でプレーしています。

カルロス・コレアのグローブ

カルロス・コレアばウィルソンのグローブを使用しています。

カルロス・コレアのバット

カルロス・コレアはチャンドラー、ビクタス、マルッチのバットを使用しています。

完全に同じモデルではありませんがデザインの近いものを紹介しておきます。

カルロス・コレアのスパイク

カルロス・コレアはアディダスのスパイクを使用しています。

カルロス・コレアのバッティング手袋

カルロス・コレアはアディダスのバッティンググローブを使用しています。

タイトルとURLをコピーしました