【2021年 一覧】MLBメジャーリーグ試合中継視聴方法5選比較

how-to-watch-mlb 野球アイテム

今回はメジャーリーグ(MLB)の試合中継の視聴方法についてご紹介します。

この記事はこんな方におすすめです
  • メジャーリーグ(MLB)の中継がみたいけど、方法が分からない
  • たくさんサービスがあるけど、どれを選べば良いのか分からない
  • メジャーリーグ(MLB)の中継を無料でみたい

2020年シーズンは新型コロナウィルスの影響で、メジャーリーグは短縮シーズンとなってしまいました。しかし今年は一部試合が延期されることもありながら、比較的順調にシーズンが進んでいます。

今年はダルビッシュ有投手がサンディエゴ・パドレスに移籍しエースとして活躍していたり、MLBでは初めての開幕投手となった前田健太投手も奮闘しています。

また、今年からメジャーリーグに移籍した澤村拓一投手(元千葉ロッテマリーンズ)や、有原航平投手(元北海道日本ハムファイターズ)も試合に出場しています。

しかし、なんといっても注目は連日ニュースでも話題となっている大谷翔平選手です。投打にわたって活躍し、メジャーリーグ全体でも大注目の存在です。

今回はそんな大盛り上がりのメジャーリーグの視聴方法について解説していきます。

スポンサーリンク

【5つの方法を一覧で】MLBメジャーリーグ試合中継視聴方法

はじめに、メジャーリーグ(MLB)の試合中継の視聴方法を一覧でみていきましょう。

J SPORTSNHK-BS1ABEMASPOZONEMLB.TV
デバイスTVTVPC
スマホ
タブレット
PC
スマホ
タブレット
PC
スマホ
タブレット
試合数
(1日あたり)
1-3試合程度1試合程度1-2試合程度最大8試合全試合
月額料金
(税込)
¥2,944円¥2,170円¥960円¥1,650約¥2,700
年額料金
(税込み)
なし¥24,185円なし¥9,900約¥14,000
無料視聴ありなしありなしあり
公式リンク詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる詳しくみる

視聴方法は全部で5つあります。それぞれ詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

J SPORTS【無料で試したいならコレ】

j-sports
https://www.jsports.co.jp/baseball/mlb/

J SPORTSはスポーツ専門チャンネルの総称です。そのJ SPORTSの中にメジャーリーグ試合中継チャンネルがあります。

J SPORTSでは主に日本人選手が所属する球団の試合を放映することが多いです。1日約1〜3試合放送があります。

料金はスカパー!の基本料金とJ SPORTSの料金を合わせて¥2,994(税込)となっています。J SPORTSでは、メジャーリーグ以外にもサッカーなどの他のスポーツも金額そのままで視聴可能です。

利用方法ですが、スカパー!(衛星放送)かJ:COM(ケーブルテレビ)に加入し、その中にあるJ SPORTSを視聴するだけです。J:COM(ケーブルテレビ)は利用可能エリアが限られているため、今回はスカパー!を中心にご紹介しています。

J SPORTSには一部無料でみられる動画もありますし、スカパー!に加入した月は無料で視聴できます。一度利用してみて、J SPORTSについて把握した上で契約を継続するかどうか検討する、というのも良いかもしれませんね。

公式ページはこちら

加入月が無料なので、「まずは無料で試してみたい」という方におすすめです。

スポンサーリンク

NHK-BS1【NHK好きはこちら】

nhk-bs1
https://www3.nhk.or.jp/sports/event/mlb/index.html

NHKは地上波でMLBの試合を放送することはほとんどありません。しかしBS放送であるNHK-BS1では、日本人選手が所属している球団の試合を中心に毎日1試合程度放送しています。

料金は¥2,170(税込)となっています。契約するとメジャーリーグの試合だけでなく、NHK-BS1の番組が全て視聴できます。

利用方法ですが、ケーブルテレビ会社と契約するか、チューナー内蔵テレビを購入する必要があります。

「NHKが好き」という方はこちらがおすすめです。

公式ページはこちら

ABEMA【最も安くMLBを楽しみたい方はこちら】

abema
https://abema.tv/video/title/239-22

株式会社AbemaTVが運営するアベマがメジャーリーグ中継を2021年7月から開始しました。

2021年は年間166試合の放送が予定されており、日本人選手が所属するチームの試合が中心となっています。

料金は月額¥960(税込)です。ABEMAではメジャーリーグだけでなく、他のスポーツやドラマ、TV番組、音楽など数多くのコンテンツが楽しめます。お得ですね。

無料会員でも120試合は無料でみられますし、2週間の無料体験期間がありますので、気軽に試せるというのも魅力的ですね。

「安く利用したい」「日本人選手に注目している」という方はこちらがおすすめです。

公式ページはこちら

SPOZONE【新しいサービスを利用したいならコレ】

spozone
https://www.spozone.jp/intro

SPOZONEは2020年にサービス開始したスポーツライブ配信サービスです。

SPOZONEでは主に日本人選手が所属する球団の試合を放映することが多いです。1日最大8試合放送があります。

料金は月額¥1,650(税込)となっています。SPOZONEではサッカーの試合も放送されています。

公式サイトから登録することで利用できます。

「最近できた新しいサービスを体験してみたい」という方はこちらがおすすめです。

公式ページはこちら

MLB.TV【全試合みたい&英語OKならコレ】

mlb-tv
https://www.mlb.com/live-stream-games/subscribe

メジャーリーグ公式のサービスです。

これまで紹介した3つのサービスは視聴できる試合数に限りがありましたが、MLB.TVでは全ての試合が視聴できます。ただ、サービス内の表示や実況、解説などが全て英語なので注意が必要です。また当然ですが、MLB(野球)の試合以外は放送されません。

料金は月額約¥2,700です。年間契約だと約¥14,000となります。

有料会員でなくても一部無料で放送されている試合もありますので、まずは公式サイトから無料会員登録するのも良いでしょう。

「全試合みたい」「英語でも大丈夫」という方におすすめです。

公式ページはこちら

DAZNでは現在メジャーリーグの放送はなし

動画配信サービスのDAZNは2019年までMLBの試合を中継していましたが、2020年から放送を行なっていません。2021年も同様に放送はありません。

公式ページはこちら

まとめ

今回はメジャーリーグ(MLB)の試合をみる方法をまとめてご紹介しました。

数年前と比べると視聴方法も増えてきており、これからMLBをみる人も増えてくるかと思います。また新たな情報が入ってきたらこの記事も更新していきますので、チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました