ケーテル・マルテまとめ【成績&プレースタイル&使用アイテム】

ketel-marte アリゾナ・ダイヤモンドバックス
スポンサーリンク

ケーテル・マルテのプロフィール【スイッチヒッター&ユーティリティー】

ケテル・リカルド・マルテ・バルデス(Ketel Ricardo Marte Valdez)。1993年10月12日生まれのドミニカ共和国出身です。2020年現在MLBのアリゾナ・ダイヤモンドバックスに所属している右投両打の外野手兼内野手です。

スポンサーリンク

ケーテル・マルテのプレースタイル【パワーも兼ね備える】

Ketel Marte | 2019 Highlights ᴴᴰ

ケーテル・マルテは両打ちであり、ポジションもセンター、セカンド、サード、ショートと幅広くこなすことができる器用さが特徴の選手です。

器用というと小さくまとまっているというイメージを持つかもしれませんが、ケーテル・マルテの場合は違います。後述される2019年シーズンの成績からも分かる通り、3割を大きく上回るバットコントロールとシーズン14本のホームランを放つパワーを兼ね備えており、かなりスケールの大きな選手と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ケーテル・マルテの成績

2010年、ケーテル・マルテが当時16歳の時にアマチュアFAでシアトル・マリナーズと契約しました。そこから約5年間マイナーリーグで経験を積みます。

2015年にメジャーデビューを果たし、57試合に出場します。最終成績は打率.283、2本塁打、17打点、8盗塁、OPS.753でした。

2016年からはショートのレギュラーに定着し、打率.259、1本塁打、33打点、11盗塁、OPS.610の成績。シーズン終了後にトレードでアリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍しました。

2017年は出場試合数を73に下げました。打率.260、5本塁打、18打点、3盗塁、OPS.740の成績を残しました。

2018年には自己最多の153試合に出場し、打率.260、14本塁打、59打点、6盗塁、OPS.768の成績を残します。またリーグ最多の12三塁打を記録しています。

2019年は急激に打率を上昇させ、最終的に打率.329、14本塁打、59打点、10盗塁、OPS.981の好成績を残します。打率はリーグ2位、OPSは同4位でオールスターにも選出されます。この年はセンターとして89試合、セカンドとして45試合、ショートとして5試合の先発出場をするというユーティリティーぶりも発揮しています。

ケーテル・マルテの契約、年俸

2018年に5年2400万ドル(25億5000万円)で契約しています。

ケーテル・マルテのグローブ

ケーテル・マルテはイーストンのグローブを使用しています。カラーは違いますが、同じモデルの物を紹介します。

内野も外野も守るので複数紹介しておきます。

ケーテル・マルテのユニフォーム

ケーテル・マルテのスパイク

ケーテル・マルテはスパイクはアディダスを使用しています。

ケーテル・マルテのバッティング手袋

ケーテル・マルテはバッティング手袋はアディダスを使用しています。

タイトルとURLをコピーしました