【3分で解説】マット・チャップマンのプレースタイル&成績&グローブ

matt-chapman トロント・ブルージェイズ
海外野球用品オンラインセレクトショップをオープンしました

「あのメジャーリーガーが使っているグローブがほしい」

そんな思いを叶えるため、海外野球用品を取り扱うオンラインセレクトショップPlaycatchをオープンしました。

Playcatchではメジャーリーガー使用モデルはもちろん、日本では入手困難なアメリカのグラブなどを取り揃えています。

今回はMLBのトロント・ブルージェイズに所属するマット・チャップマンについてご紹介します。

ニューヨーク・ヤンキースに所属する170キロ左腕のアロルディス・チャップマンではありませんのでご了承下さい。

マット・チャップマンを3行でまとめると
  • MLBのトロント・ブルージェイズに所属する右投右打のサード
  • 「キャノンアーム」と呼ばれる強肩と広い守備範囲はメジャーでもトップクラス
  • まだ若く、年々成績を向上させているので今後の成長にも期待
スポンサーリンク

マット・チャップマンのプロフィール

マット・ジェームズ・チャップマン(Matt James Chapman)はアメリカ・カリフォルニア出身の1993年4月28日生まれです。2022年現在、MLBのトロント・ブルージェイズに所属する右投右打の内野手(サード)です。背番号は26。

ファンからはチャッピーという愛称で呼ばれています。

スポンサーリンク

マット・チャップマンのプレースタイル

Matt Chapman | Platinum Glove

年間30本塁打が期待できるパワーとMLB屈指の守備力が魅力の選手です。

広い守備範囲ももちろんですが、1番の魅力は「キャノンアーム」と呼ばれる強肩です。ぜひ貼っている動画をみていただきたいのですが、どんな体制からでも軽々とノーバウンドで1塁まで矢のような送球をする選手です。

スポンサーリンク

マット・チャップマンの成績

2013年の第39回日米大学野球選手権大会のメンバーに選ばれ来日したことがあります。当時は投手としてもプレーしており、この大会ではリリーフとして登板しています。

2014年のMLBドラフトで1位(全体25位)でオークランド・アスレチックスから指名されプロ入りしました。

約3年をマイナーリーグで過ごした後、2017年にメジャーデビューしました。この年84試合に出場し打率.234、14本塁打、40打点、OPS.785という成績を残し、長打力をアピールしています。この年からレギュラーに定着しました。

2018年シーズンは145試合に出場し打率.278、24本塁打、68打点、OPS.864という成績でした。この年ゴールドグラブ賞を獲得しています。

2019年シーズンの成績は156試合に出場し打率.249、36本塁打、91打点、OPS.848でした。2年連続でゴールドグラブ賞を獲得しました。また、オールスターゲームに選出されています。

2022年にトレードでトロント・ブルージェイズへ移籍しました。

マット・チャップマンの契約、年俸

2022年に2年2500万ドル(約25億円)でプレーしています。

マット・チャップマンのグローブ

マット・チャップマンはウィルソンのグローブを使用しています。

マット・チャップマンのバット

マット・チャップマンはオールドヒッコリーのバットを使用しています。

全く同じモデルは見つからなかったので、日本で購入できるものの中からデザインが近いものを紹介しておきます。

マット・チャップマンのスパイク

マット・チャップマンはナイキのスパイクを使用しています。

写真によって使用しているモデルが違うので、複数のモデルを紹介しておきます。

マット・チャップマンのバッティング手袋

マット・チャップマンはナイキのバッティング手袋を使用しています。

海外野球用品オンラインセレクトショップをオープンしました

「あのメジャーリーガーが使っているグローブがほしい」

そんな思いを叶えるため、海外野球用品を取り扱うオンラインセレクトショップPlaycatchをオープンしました。

Playcatchではメジャーリーガー使用モデルはもちろん、日本では入手困難なアメリカのグラブなどを取り揃えています。

トロント・ブルージェイズ 内野手
Star Baseball Playersをフォローする
Star Baseball Players
タイトルとURLをコピーしました