3分でわかるエディ・ロザリオ【グローブ&成績&プレースタイル】

エディ・ロザリオ アトランタ・ブレーブス

今回はMLBのアトランタ・ブレーブスに所属するエディ・ロザリオについてご紹介します。

エディ・ロザリオを3行でまとめると
  • MLBのアトランタ・ブレーブスに所属する右投左打の外野手
  • プエルトリコ代表としてWBCに2回出場しており、銀メダルを2つ獲得している
  • 2021年のリーグ・チャンピオンシップ・シリーズでシリーズMVPを獲得している
スポンサーリンク

エディ・ロザリオのプロフィール

エディ・マニュエル・ロザリオ(Eddie Manuel Rosario)はプエルトリコ出身の1991年9月28日生まれです。2021年現在、MLBのアトランタ・ブレーブスに所属する右投左打の外野手です。背番号は8。

スポンサーリンク

エディ・ロザリオのプレースタイル

Eddie Rosario has series for the AGES!!! Braves OF goes off for 14 hits, 3 HRs and 9 RBIs!

シーズン30本塁打を記録したバッティングが魅力の選手です。

守備ではポジション別リーグワーストの失策を記録したこともあり、あまり上手いとは言えないです。

スポンサーリンク

エディ・ロザリオの成績

2010年のMLBドラフトでミネソタ・ツインズから4巡目(全体135位)で指名を受けてプロ入りしました。

マイナー時代の2013年、開幕前に開催された第3回WBCにプエルトリコ代表として選出され、銀メダルを獲得しています。この年のオフに禁止薬物規定に違反し50試合の出場停止処分を受けました。

2015年にメジャーデビューを果たし、そのまま外野のレギュラーに定着しました。この年、122試合に出場し打率.267、13本塁打、50打点、OPS.748、11盗塁という成績を残しました。また、リーグトップの15三塁打を記録しています。

2016年は92試合に出場し打率.269、10本塁打、32打点、OPS.716、5盗塁という成績でした。

2017年シーズン前に開催された第4回WBCにプエルトリコ代表として選出され、銀メダルを獲得しました。シーズンでは151試合に出場し打率.290、27本塁打、78打点、OPS.836、9盗塁でした。

2019年は137試合に出場し打率.276、32本塁打、109打点、OPS.800とキャリア初の30本塁打を記録しています。

2020年オフにノンテンダーFAとなり、翌年2021年にクリープランド・インディアンズと契約しました。しかし2021年シーズン中に再びトレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍しています。この年サイクル安打を達成しました。

2021年のリーグ・チャンピオンシップ・シリーズでは6試合で25打数14安打(打率.560)、3本塁打、9打点と大活躍しシリーズMVPに選ばれています。

エディ・ロザリオの契約、年俸

2021年は年俸800万ドル(約9億円)でプレーしています。

エディ・ロザリオのグローブ

エディ・ロザリオはウィルソンのグローブを使用しています。同じモデルが見つかりませんでしたので、デザインが近いものを紹介します。

エディ・ロザリオのスパイク

エディ・ロザリオはナイキのスパイクを使用しています。

エディ・ロザリオのバッティング手袋

エディ・ロザリオはナイキのバッティング手袋を使用しています。

タイトルとURLをコピーしました