ランディ・アロサレーナまとめ【成績&プレースタイル&使用アイテム】

randy-arozarena タンパベイ・レイズ
スポンサーリンク

ランディ・アロサレーナのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

You’ll never be as cool as Randy Arozarena in cowboy boots cool

Tampa Bay Rays(@raysbaseball)がシェアした投稿 –

ランディ・アロサレーナ(Randy Arozarena)は1995年2月28日生まれのキューバ出身です。2020年現在、MLBのタンパベイ・レイズに所属する右投右打の外野手です。背番号は56。

ランディ・アロサレーナを検索するとブーツと一緒に写っている写真が出てきますが、これはランディ・アロサレーナがチームメイトのカウボーイブーツを盗んだその日おゲームで大活躍したことがきっかけです。以降ランディ・アロサレーナは願掛けとして試合前にチームメイトのブーツを盗むようになったようです。もちろん今は本当に盗んでいるわけではないと思いますが、ランディ・アロサレーナのユニークな一面が伺えますね。

スポンサーリンク

ランディ・アロサレーナのプレースタイル

Randy Arozarena 2020 ALDS Highlights

身長180センチ、体重77キロとMLBの中では小さい部類に入る選手ですが、広角に長打を放てるのが魅力です。2020年のポストシーズンでの大活躍しましたが、その活躍の中には逆方向の本塁打も含まれています。

シーズン前から有望株としての注目を浴びておらず、ポストシーズンで急に大活躍をしたため、突如現れた超新星という位置付けの選手です。そのため打撃もそうですが、守備や走塁に関しては特にデータが少なく分析が難しいです。今後の活躍にきたいですね、

スポンサーリンク

ランディ・アロサレーナの成績

父を亡くし、家族を支えなければならなかったランディ・アロサレーナは2015年に亡命します。カリブ海を簡易的なボートで8時間かけてメキシコに渡ったそうです。まさに命がけですね。

2016年にインターナショナル・フリーエージェントでセントルイス・カージナルスと契約しました。

約4年をマイナーで過ごした後、2019年にメジャーデビューを果たしました。この年19試合に出場し、打率.300、2打点、1本塁打、2盗塁、OPS.891と出場数は少ないながら、好成績をおさめました。

2020年はトレードでタンパベイ・レイズへ移籍しました。新型コロナウィルスの影響により期間が短縮されたシーズンでした。

ランディ・アロサレーナ自身も開幕前の検査で陽性反応が出たためシーズンに出遅れました。最終的に23試合に出場し打率.281、11打点、7本塁打、4盗塁、OPS1.022という好成績をおさめました。この年のポストシーズンで歴代最多である9本の本塁打を記録し一躍ブレークしています。

ランディ・アロサレーナの契約、年俸

2020年シーズンは9万ドル(約950万円)という破格の安さでプレーしています。

ランディ・アロサレーナのグローブ

ランディ・アロサレーナはローリングスのグローブを使用しています。

残念ながら国内で同じモデルのグローブを見つけることはできませんでした。

ランディ・アロサレーナのバッティング手袋

ランディ・アロサレーナはフランクリンのバッティング手袋を使用しています。

タイトルとURLをコピーしました