3分でわかるマイケル・ブラントリー【グローブ&成績&プレースタイル】

マイケル・ブラントリー ヒューストン・アストロズ

今回はMLBのヒューストン・アストロズに所属するマイケル・ブラントリーについてご紹介します。

マイケル・ブラントリーを3行でまとめると
  • MLBのヒューストン・アストロズに所属する左投左打の外野手
  • バットコントロールに優れ、三振が少なく高打率を残せる優秀なバッター
  • 父は元東京読売ジャイアンツに所属していたこともあるミッキー・ブラントリー
スポンサーリンク

マイケル・ブラントリーのプロフィール

マイケル・チャールズ・ブラントリー・ジュニア(Michael Charles Brantley, Jr.)は1987年5月15日生まれのアメリカ・ワシントン出身です。2021年現在MLBのヒューストン・アストロズに所属する左投左打の外野手です。背番号は23。

父は元メジャーリーガーで、かつて日本のプロ野球の東京読売ジャイアンツでもプレーした経験のあるミッキー・ブラントリーです。

スポンサーリンク

マイケル・ブラントリーのプレースタイル

Michael Brantley 2021 Midseason Highlights

ミート力に優れたバッティングが特徴の選手です。通算打率が3割近くあり、毎年安定して高打率を記録しています。

バットを振ってボールに当たるコンタクト率が高く、三振が極端に少ないという特徴があります。

近年ではホームラン数が減少傾向にありますが、過去には22本塁打を記録したシーズンもありパワーがないわけではありません。

スポンサーリンク

マイケル・ブラントリーの成績

2005年のMLBドラフト7巡目(全体205位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名を受けてプロ入りしました。

2008年にトレードでクリーブランド・インディアンスへ移籍しました。

2009年にメジャーデビューしました。この年、28試合に出場し打率.313、11打点、OPS.707、4盗塁という成績を残しました。

2012年、149試合に出場し打率.288、7本塁打、60打点、OPS.750、12盗塁という成績でした。

2013年、151試合に出場し打率.284、10本塁打、73打点、OPS.728、17盗塁という成績を残しました。

2014年は156試合に出場し打率.327、20本塁打、97打点、OPS.890、23盗塁という成績を残し、初のオールスターゲーム選出とシルバースラッガー賞受賞を達成しました。

2016年、2017年は共にケガで出場数が激減しました。

2018年は143試合に出場し打率.309、17本塁打、76打点、OPS.832、12盗塁で復活を果たしました。カムバック賞を獲得しました。シーズン終了後にFAとなり、ヒューストン・アストロズへ移籍しました。

2019年は148試合に出場し打率.311、22本塁打、90打点、OPS.875、3盗塁と移籍後も好成績をおさめています。

2021年は121試合に出場し打率.311、8本塁打、47打点、OPS.799、1盗塁をマークしています。

マイケル・ブラントリーの契約、年俸

2021年は年棒1600万ドル(約18億円)でプレーしています。

マイケル・ブラントリーのグローブ

マイケル・ブラントリーはローリングスのグローブを使用しています。同じモデルが見つかりませんでしたので、デザインが近いものを紹介します。

マイケル・ブラントリーのバット

マイケル・ブラントリーはローリングスのバットを使用しています。同じモデルが見つかりませんでしたので、デザインが近いものを紹介します。

マイケル・ブラントリーのユニフォーム

マイケル・ブラントリーのスパイク

マイケル・ブラントリーはナイキのスパイクを使用しています。同じモデルが見つかりませんでしたので、デザインが近いものを紹介します。

マイケル・ブラントリーのバッティング手袋

マイケル・ブラントリーはナイキのバッティング手袋を使用しています。同じモデルが見つかりませんでしたので、デザインが近いものを紹介します。

タイトルとURLをコピーしました