3分でわかるトレイ・ターナー【グローブ&プレースタイル&成績】

トレイ・ターナー ロサンゼルス・ドジャース

今回はMLBのロサンゼルス・ドジャースに所属するトレイ・ターナーについてご紹介します。

トレイ・ターナーを3行でまとめると
  • MLBのロサンゼルス・ドジャースに所属する右投右打の内野手(ショート、セカンド)
  • メジャーでトップクラスの走力を誇る俊足
  • バッティングでも3割&20本塁打を期待できる
スポンサーリンク

トレイ・ターナーのプロフィール

トレイ・バンス・ターナー(Trea Vance Turner)はアメリカ・フロリダ出身の1993年6月30日生まれです。2021年現在、MLBのロサンゼルス・ドジャースに所属する右投右打の内野手(主にショート、セカンド)です。背番号は7。

ファンからはトリプルTという愛称で呼ばれています。

スポンサーリンク

トレイ・ターナーのプレースタイル

Smoothest slide of all-time?? Dodgers' Trea Turner pulls off the smooth slide while scoring!

MLBの中でもトップクラスの俊足が武器の選手です。Youtubeでトレイ・ターナーと検索すると走力に関する動画がたくさん出てきます。

ご紹介している動画は、話題になったスムーズ過ぎるスライディングの動画です。まるで氷の上を滑っているような滑り込みです。

ターナーは3割&20本塁打近くを期待できる打者でもあり、非常にバランスの良い選手と言えます。

スポンサーリンク

トレイ・ターナーの成績

2011年のMLBドラフトで20位(全体602位)でピッツバーグ・パイレーツから指名されましたが、進学しました。大学時代の2013年には第39回日米大学野球選手権大会のメンバーに選ばれ来日しています。

2014年のMLBドラフトで1位(全体13位)でサンディエゴ・パドレスから指名されてプロ入りしました。

2015年にトレードでワシントン・ナショナルズに移籍しました。この年、メジャーデビューを果たしました。

2016年にはセンターやセカンドで起用されるようになります。最終的に73試合に出場し、打率.342、13本塁打、40打点、33盗塁、OPS.937と好成績をおさめ、新人王の投票で2位になっています。

2017年シーズンはショートでの起用が増えましたが、ケガによる長期離脱が響き、出場試合数がのびませんでした。98試合に出場し、打率.284、11本塁打、45打点、46盗塁、OPS.789という成績を残しています。また、サイクルヒットを達成しています。

2018年シーズンはショートのレギュラーとして全試合に出場します。この年、打率.271、19本塁打、45打点、43盗塁、OPS.760でした。盗塁王に輝いています。

2020年は新型コロナウィルスの影響により、短縮シーズンとなりました。59試合に出場し、打率.335、12本塁打、41打点、12盗塁、OPS.982でした。

2021年シーズン中にトレードでロサンゼルス・ドジャースへ移籍しました。

トレイ・ターナーの契約、年俸

2021年は1300万ドル(約13億円)で契約しています。

トレイ・ターナーのグローブ

トレイ・ターナーはローリングスのグローブを使用しています。

写真によって使っているモデルが違うので複数紹介しています。全く同じモデルは見つからなかったので、日本で購入できるものの中からデザインが近いものを紹介しておきます。

トレイ・ターナーのバット

トレイ・ターナーはマルッチのバットを使用しています。

全く同じモデルは見つからなかったので、日本で購入できるものの中からデザインが近いものを紹介しておきます。

トレイ・ターナーのユニフォーム

トレイ・ターナーのスパイク

トレイ・ターナーはアディダスのスパイクを使用しています。

トレイ・ターナーのバッティング手袋

タイトルとURLをコピーしました