3分でわかるトレバー・ストーリー【グローブ&成績&プレースタイル】

トレバー・ストーリー ボストン・レッドソックス
トレバー・ストーリーを3行でまとめると
  • MLBのボストン・レッドソックスに所属する内野手(主にセカンド、ショート)
  • 盗塁王を獲得するほどの走力と30本塁打を期待できるパワーを兼ね備える
  • 課題のバッティングの確実性も最近は改善している
スポンサーリンク

トレバー・ストーリーのプロフィール

トレバー・ジョン・ストーリー(Trevor John Story)は1992年11月15日生まれのアメリカ・テキサス州出身です。2022年現在、MLBのボストン・レッドソックスに所属する右投右打の内野手(主にセカンド、ショート)です。背番号は10。

スポンサーリンク

トレバー・ストーリーのプレースタイル【走攻守全てにおいて一流】

Trevor Story 2019 Highlights

盗塁王を獲得するほどの走力と、メジャーでもトップレベルの守備力、30本塁打を期待できる打撃力を持ち合わせている選手です。他の能力と比べるとバッティングの確実性が若干見劣りしますが、それが気にならないくらい他の能力が高いです。

年齢もまだ若く、これからさらに伸びる可能性もありますし今後も注目の選手です。

スポンサーリンク

トレバー・ストーリーの成績【盗塁王やシルバースラッガー賞を獲得】

2011年のMLBドラフト1巡目(全体45位)でコロラド・ロッキーズから指名されプロ入りします。

約4年をマイナーリーグで過ごし、2016年にメジャーデビューしました。シーズン序盤にプレイヤー・オブ・ザ・ウィークとルーキー・オブ・ザ・マンスを獲得するなど大活躍します。後半にケガで離脱し、試合数は伸びませんでした。この年、97試合に出場し打率.272、72打点、27本塁打、8盗塁、OPS.909と好成績をおさめしました。

2017年シーズンはリーグワーストの191三振を記録するなど、やや成績を落としますが、それでも145試合に出場し打率.239、82打点、24本塁打、7盗塁、OPS.765とまずまずの成績でシーズンを終えました。

2018年はシーズンを通じて安定したプレーをみせます。最終的に157試合に出場し、打率.291、108打点、37本塁打、27盗塁、OPS.914と好成績をマークしました。初めてのオールスターゲームに選出され、シルバースラッガー賞を獲得するなど飛躍のシーズンとなりました。

2019年最終的に145試合に出場し、打率.294、85打点、35本塁打、23盗塁、OPS.917という成績を残し2年連続でシルバースラッガー賞を受賞しました。

2020年は新型コロナウィルスの影響で短縮シーズンになりました。59試合に出場し、打率.289、28打点、11本塁打、15盗塁、OPS.874で盗塁王を獲得しました。

2021年シーズン終了後にFAとなりボストン・レッドソックスへ移籍しました。

トレバー・ストーリーの契約、年俸

2022年にボストン・レッドソックスと6年総額1億4000万ドル(約161億円)で契約しています。

トレバー・ストーリーのグローブ

グローブはローリングスと契約を結んでおり、アメリカではトレバー・ストーリーモデルのグローブが発売されています。

全く同じモデルは見つからなかったので、日本で購入できるものの中からデザインが近いものを紹介しておきます。

トレバー・ストーリーのバット

トレバー・ストーリーはオールドヒッコリーのバットを使用しています。

日本で購入できるものの中で一番近いものを紹介しておきます。

トレバー・ストーリーのユニフォーム

トレバー・ストーリーのスパイク

トレバー・ストーリーはナイキのスパイクを使用しています。

日本で購入できるものの中で一番近いものを紹介しておきます。

トレバー・ストーリーのバッティング手袋

トレバー・ストーリーはナイキのバッティング手袋を使用しています。

タイトルとURLをコピーしました